​お問い合わせ

株式会社 経営戦略パートナーズ

〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山14階

TEL 03-6869-9266

FAX 03-6673-4264

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

© 2018 by 経営戦略パートナーズ

  • ryobessho

できるマネージャーとできないマネージャーの5つの違い


たいていの会社にはマネージャー(管理職、課長とか部長)がいます。しかし、特に中小企業では、社歴の長いベテランが担当しており、実務を持っているので現実的にはマネジメントができていません。

こうなる理由は、ほとんどの中小企業は、社長が実質的なマネジメントをしているので、ベテラン社員に指示を出せばいい状態になっているからです。こうした企業では、社長の指示がなければ動かない組織になり、何年も同じ仕事を続けているので、マーケットの縮小に合わせて業績も低下します。

業績が下がってから、新しいことをやろうと思っても間に合わないことがあるので、手を打つのは早いに越したことはありません。

しかし、いきなり戦略思考の会社に変化することは難しいので、下準備としてマネージャーの育成をすることをおすすめします。

以下に、できるマネージャーとできないマネージャーの違いを紹介します。

1:仕事の任せ方

できるマネージャー:部下がやる気を出す仕事の任せた方をする

できないマネージャー:作業内容を指示する

2:目標設定

できるマネージャー:数字の意識と達成した後のビジョンを語る

できないマネージャー:上からの数字を割り振るだけ

3:部下の指導

できるマネージャー:部下の話を聞く

できないマネージャー:できない部下に怒る

4:評価・フィードバック

できるマネージャー:ファクト(事実)をベースにする

できないマネージャー:感情をベースにする

5:ビジョン

できるマネージャー:自分に夢があり、部下にも夢を持たせる

できないマネージャー:今の延長で役職だけ上がりたいと思っている

さて、御社のマネージャーはどんな仕事をしているでしょうか?

「部下をやる気にさせるコミュニケーション研修」

(2時間)

を承っています。


6回の閲覧