• ryobessho

採用する時に出す2つの条件


経営者なら、採用した人には活躍してほしいと思うでしょう。

ここで問題なのは、活躍とは何か?ということです。

決まった仕事(作業)をするために人手が足りないなら、サボらずやってくれる人がいいわけです。しかし、何らかの成果を期待するなら、もしくは期待以上の仕事をして欲しいなら、採用に条件が加わります。

前者は、月給20万円で仕事をしてくれる人。

後者は売上1億をあげてくれる人

のようになります。

採用で期待した人が来ないのは、月給20万円で5000万円稼いでくれる人という期待をしているからです。

安い給料で採用した人は、それ以下の仕事しかしません。

月給20万円が上がらないとしたら、18万円分の仕事をすることで、2万円得することになるからです。

もし、20万の給料で30万円分仕事をしてくれる人がいたら、その人がやめないように給料を上げて、心から感謝することをおすすめします。

「欲しい人材を採用する 面接実践方法」

専門の人事担当者がいない会社におすすめの研修です。


0回の閲覧

​お問い合わせ

株式会社 経営戦略パートナーズ

〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山14階

TEL 03-6869-9266

FAX 03-6673-4264

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

© 2018 by 経営戦略パートナーズ